スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
リアル天鳳
2010-08-12 Thu 21:24
先日セットをしたときに、
その場にいた全員が天鳳をやっているということもあり、
天鳳ルールでやってみようということになりました。

メンツは、
菅野 明成  日本プロ麻雀協会 ID「akinari0」八段
加賀谷 大輔  日本プロ麻雀協会 ID「がやT」七段
齋藤 敬輔  最高位戦プロ麻雀協会 ID(聞き忘れたので不明)五段
福地 誠  雀ゴロ ID「bakase」七段
(敬称略)

基本的なルールは全て天鳳と同じにしました。
7700点の切り上げなし、ダブ東は4符など。
東風戦の、30000万点未満は南入です。

評価ポイントも順位点だけで、
トップ、+40
二位、+20
三位、±0
四位、-60
という感じに設定。

で、結果なんですけども自分は1・1・2・1と四連対。
永世八段の福地さんに対して、現役八段の実力を見せつけました。

ただ、福地さんの3・3・3・2という結果のほうが、
天鳳巧者という気がしなくもない。ラス以外=勝ち、みたいなものなので。

東風四回戦をやってみた上で、皆の感想は、

・いろいろ考えるので、とにかく疲れる
・配牌を取るのが面倒くさい(リーパイもされてない)
・実際の天鳳と違い、制限時間が無いので長くなる
・ラスを引くと、いたたまれない
・セットなのに楽しくない
・ブラウザ三国志がやりたい

などと、かなりの不評。

ラスをトップ一回でカバーできないのはおかしい、
と、天鳳を根底から批判する発言も飛び出す始末。

福地さんは以前にも天鳳ルールでセットをやったことがあるらしく、
「天鳳はとにかくベタオリが多くなるので、
リアル麻雀でベタオリ作業ばかりになるのは辛い。
あの作業はネットだからこそ出来るものだ」と、おっしゃってました。

まぁ、確かに言われてみればそのとおりですね。
リアル麻雀で我慢ばかり続くのは、耐えられない気がします。

帰り際、福地さんに、
「ロジカル戦術入門、第二弾出さないんですか?」って聞いたら、
「天鳳よりブラウザ三国志のほうが50倍面白い」ですって。

ふ~ん。

別窓 セット コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
クルーカップ優勝
2010-08-10 Tue 22:56
自分はプロフィールにも書いてあるとおり、
新宿の「たぬ」という雀荘で働いているのですが、
そこでは年に一度、クルーカップという従業員の大会があります。

そのクルーカップが先日行われ、自分の結果はなんと・・・・

なんと・・・・


優勝しました!!

ってタイトルにも書いてあるのに、大げさにタメてみました。

参加者は総勢20人ぐらいで、
ゲストにはバビィこと、馬場プロもいらっしゃいました。

自分は7半荘打って、
2・1・1・1・1・1・3で+274です。

まぁ、正直ツイてただけだと思います。
どれぐらいツイてたかというと、

親番で、

二二三四四九九南南北北白中中 ドラ九

↑こんな配牌をもらってダブリーをかけて親倍をあがるぐらいです。
まぁ、ツイてるときに勝っておくのも大事なことなんですよ。


この前、何切るの本を読んでたら、

アガリトップ
一一三四六六七八九(45)発発
上家から二が出たらどうする?

というような問題がありました。

自分はパッと見て
「二三四で鳴いて、ホンイツにするに決まってるじゃん」
と思いました。

が、正解は
「一二三で鳴いて、一を切る。(45)の部分が鳴けたら六を切りイッツー狙い」
というものでした。

言われてみれば凄く納得です。
確かに一二三で鳴いたほうが、アガリまで速そう。

おそらくこの問題を見てから5秒ぐらい時間をかければ、
正解に気づくと思うんですよ。負け惜しみではなく。

でも、パッと見で正解出来ないとダメなんじゃないかなって。
5秒も考えるのは、かなり長いです。

基本、自分は常にノータイムの打牌を心がけています。
それは天鳳だろうと本走だろうと競技麻雀だろうと同じです。

よく麻雀において、
「何も考えずにすぐ切るぐらいなら、時間をかけてでも考えたほうが良い」
という風に言われることがあります。

もちろん同意する部分もあるのですが、
自分は「まず打牌を早くして、少しずつ精度を高めていく」ほうが理想かなと。

麻雀は制限時間が無いからこそ、
極力早く打牌をするべきだと思います。

結局、何が言いたいかというと、
コンビニのおにぎりはレンジで温まりやすいってことなんです。

別窓 その他 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
サイレントリーチ
2010-08-07 Sat 18:32
ほとんど平たい状況で迎えた、南二局の親番。
なるべくアガって他を引き離したいところ。

ただ、現状でラス目ではないので守備も意識して打ちます。

2010080717gm-00a9-0000-08f48cb0tw=1ts=5.jpg

自分の手もまとまらないまま6巡目に上家のリーチ。
その後、安全な牌を並べつつ自然に手牌がまとまってきた。

そこで打たれた上家の7ソー。

f.jpg

鳴いたところで、5ソー単騎は待ちとして、かなり弱い。
テンパイのために切り出す4マンも危険ということで、スルー。

g.jpg

次に持ってくる、1マン。
本題は、ここでどうするのかってことです。

自分は5ソー切りの、ダマを選択しました。
上家の7ソーを見て、合わせ打ちに期待してのダマです。

リーチしたら、まず他家からは出ないと思うんですよ。
自分は親ですし、ロンアガリをする可能性があるとしたら上家のほうかなと。

もし前巡に上家が7ソー以外を切ってたら、リーチします。
打点的に2900が5800や11600になるのは大きいので。

ただ、ダマにしても自分が切った5ソーは相当危険な牌です。

鳳凰卓で急に無筋を通してくると、
テンパイしているケースが非常に多い。

なので、5ソー切りはサイレントリーチに等しいのではないか。

(サイレントリーチを知らない方は、御両親に聞いてください)

そう考えると、ダマにしてることは打点が減るというデメリットだけで、
あがりやすいというメリットがなくなってしまいます。

鳳凰卓だからこそダマだと思ったのですが、
逆に相手が強いからこそリーチだったのかもしれません。

フリーだったら、上家が7ソーを切ってても切ってなくても、
圧倒的にリーチのほうが期待値が高いと思います、ルール的に。

一応結果は、すぐに対面から7ソーが出ました。
下家も自分が切った5ソーをチーして、7ソー待ちのテンパイ。

やっぱりみんな考えることは同じなんだなって
思ったり思わなかったり。と見せかけて思ったり。

h.jpg


別窓 天鳳 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
可能性の比較
2010-08-04 Wed 02:43
2010080401gm-00a9-0000-5778d9b3tw=0ts=14.jpg

こんな点棒状況で迎えたオーラス。

自分は対面から羽直か、三倍マンツモでトップ。

下家にまくられることはまずないが、
上家に4000オールを二回ツモられるとまくられる。

鳳南卓においては、二着から一着と、
二着から三着のポイント増減が同じです。
ともに、45ポイント。

つまり、この局面では、
「対面から羽直+三倍マンツモ」と
「上家の4000オール二回」では、
どちらの可能性が高いかということを考えるべきである。

これに関しては、上家の4000オール二回のほうが、
圧倒的に起こりうる確率が高いと思う。

まず三倍マンツモは、ほぼ不可能ですし、
羽直に関しても、リーチをかければ出ないので、
かなり早い巡目にダマでハネマンを作らなければならない。

それに対し、親の4000オール二回ってけっこう起こりそうですよね。

ラス目と900点差ということは、ノーテン終了が出来ないので、
どうせオリれないならと真っ直ぐ攻めてリーチに来るケースが考えられます。
親のリーチに対して自分と対面は確実にオリるので、ツモの可能性は高まります。

したがって、確実に二着になるように打ちます。

c.jpg

ほんの少しだけ、ツモスーも意識してます。
ほんの少しですよ。

d.jpg

下家が西と9ピンをポンしたので、すみやかに差込みにいく。

e.jpg

こんな点棒状況で差込みをすることに抵抗を覚える人も多いのではないかと。
しかし、さきほどの可能性の比較に基づいて考えれば、極々自然な判断だと思っています。


~今日の酷い放銃~

2010080401gm-00a9-0000-5778d9b3tw=0ts=6.jpg

安全圏の二着から雑に4枚目の4ソーを切って、
親の11600に放銃。親だけじゃなく、両脇にも危ないし。

あまりに気の抜けた一打で、軽く死にたくになりました。

別窓 天鳳 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
昨日の敵は
2010-08-01 Sun 17:49
天鳳に限らず、ほとんどの麻雀において言えることなのですが、
誰が敵で、誰か味方かを意識することはとても重要です。

トップ目で迎えたオーラス。

2010080116gm-00a9-0000-3dbafdc2tw=1ts=13.jpg

もちろん当面の敵は、ラス親である二着目の対面。

脇の二人に関しては、どうでしょうか。

ラス目の下家は満貫ツモでも三着に届かず、ハネマン条件です。
三着目の上家は満貫ツモ、ハネマン出あがりで着順がアップします。

天鳳はラス回避が重要とはいえ、
この局面だと上家は打点重視の打ち方をしてくる可能性が高い。

したがって、脇の二人に早アガリは期待できないということになり、
極力自分であがることで決着をつける、という意識で打つことになります。

親が5800を上家からあがり、迎えたオーラス一本場。

2010080116gm-00a9-0000-3dbafdc2tw=1ts=14.jpg

先ほどとは点棒状況が大きく異なります。

下家は1300・2600のツモか5200の出あがりでラス回避。
上家はハネマンをツモっても三着です。

したがって、前局に比べ脇の二人のアガリ速度は速くなっています。

脇のツモアガリ、自分以外からのロンアガリで、
自分のトップは確定するので、この局に関しては親VS子3人の構図です。

a.jpg

なるべく安全な牌を並べつつ形テンをとることを考えながら打ち、
最終的には上家の400・700ツモアガリで終局しました。

と、偉そうに書いてみましたが、

b.jpg

この局面では、明らかに南切りのほうが優秀ですね。
リャンピンはダブロンされてもおかしくないぐらい、危険です。

いやホント、何やってんでしょうね。

別窓 天鳳 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
BACK  akinari0の天鳳ドンジャラ日記 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。