スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
セルフ
2011-07-30 Sat 19:48
たまに「麻雀の勉強は、どうやってやりましたか?」
という質問をされることがあるので、自分なりの上達法を書いてみます。

正直、上達法は人それぞれ違うと思うので、
あくまで参考程度にしていただければ幸いです。


麻雀は自分の実力がわかりづらいゲーム性です。
そして、非常に勘違いをしやすいです。

一週間や一ヶ月で急激に上達することは無いと思います。
実際には上達したと思うかもしれませんが、おそらくそんなに変わってません。
成績のブレを実力と勘違いしている可能性が高いです。

自分は麻雀を初めてから二年になるのですが、
最近になって、一年前よりは打てるようになったかなと感じました。

そう感じた理由は、結果に納得することが増えたからです。

麻雀は対人ゲームですけど、相手がどうとかというよりも、
自分の打ちたいように打って、結果に納得出来れば、それが最善だと思ってます。
実力のわかりづらいゲーム性だからこそ、自分の満足度に重きを置いてます。


少し話しがそれてしまいましたが、
自分が一番オススメの上達法を書きます。

それは「自分で解説をする」ということです。

例えば、天鳳などで自分の打牌の理由を全て喋りながら打ちます。
もちろん手牌だけじゃなく、他家の仕掛け、点数状況などにも言及します。

どんな当たり前の打牌だとしても、
その理由を口頭で説明出来るというのは大事です。
頭でわかっていることと、口に出すことは多少なりとも差があります。

先ほどの話とつながる部分なのですが、
自分で解説をすることで、結果に納得することが増えます。
口に出していることなので、あとで打牌のミスに気づくことも増えます。

もし上手く解説できない部分があれば、
そこは上手い人に聞いたり、戦術サイトなどを読んで勉強すれば大丈夫です。

結果論にこだわることは、麻雀の上達の妨げのような気がしています。
結果ではなく過程を大事にすることで、結果がついてくるのではないでしょうか。


そういう意味では、自分はやってないですけど、
「ニコ生」や「ユースト」で解説をしながら配信するのは非常に有意義ですね。

自分の解説を聞いてくれる人がいることで、
良いプレッシャーにもなりますし、間違っている部分も指摘してくれたりします。


kame.jpg


しばらく天鳳はそんなに打ってなかったんですけど、
今月に入って、またけっこう打ったりしてます。
データには表示されてないですけど、赤無しも20戦ぐらい打ってます。

あと、ツイッターもやっておりますので、よかったらフォローお願いします。
基本的に真面目なことしか発言してません。真面目に乳首について考えたりしてます。

最後に、自分で解説をするというのは雀荘ではやらないほうが良いです。
大体、出禁になりますから。


スポンサーサイト
別窓 天鳳 コメント:3 トラックバック:0 ∧top | under∨
 akinari0の天鳳ドンジャラ日記 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。