スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
九死に一生スペシャル
2010-10-23 Sat 02:10
雀荘モードの東三局、北家


2010102301gm-0601-0000-5c99cf44tw=1ts=2.jpg


六八(37)224  ポン 発発発  ポン 北北北  ドラ 七

二つ晒しているところに二人目のリーチが入る。
ベタオリをしたいが安牌が一枚も無く非常にマズイ。


2010102301gm-0601-0000-5c99cf44tw=1ts=3.jpg


必死でしのいでいたら、三人目のリーチ。

手牌に安牌が一枚もなし。
というか、誰か一人に対しての現物もなし。

大体何を切っても振り込みそうだが、
とりあえず手牌の中で最も安全そうな(3)を切る。


2010102301gm-0601-0000-5c99cf44tw=1ts=4.jpg


天鳳を2500試合以上やって、初めて三家和が発生しました。
うまく言えないんですけど、なんかすいません。

どうにか理屈をつけて、狙ってやったことにしたいです。


2010102301gm-0601-0000-5c99cf44tw=1ts=5.jpg


三家和の次局。

六(23344777)5679東  ドラ (7)

俗に言う三家和噴きってやつだと思います。
重ね重ね、本当にすいません。


雀荘モードは、まだ20試合ぐらいですが気持ちよく攻めながら打ててます。
段位戦と違って、ベタオリが少なくて良いというのは楽しいですね。
たくさんアガって、たくさん振り込んで、という感じです。

祝儀麻雀はアガり回数がとにかく大事なので、
振込みのリスクよりも、アガりのメリットを優先する打ち方が良いと思います。

自分に赤があれば早くアガりたいですし、
赤がなければ他人の赤をつぶす必要があります。
どちらにしても、早くアガることが重要です。

段位戦と雀荘モードの打ち方の違いなどは、近いうちに書きたいと思います。



人気ブログランキングへ
↑クリック、感謝します。
スポンサーサイト
別窓 天鳳 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<二人のアカボシ akinari0の天鳳ドンジャラ日記 フリテンさん>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 akinari0の天鳳ドンジャラ日記 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。