スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
可能性の比較
2010-08-04 Wed 02:43
2010080401gm-00a9-0000-5778d9b3tw=0ts=14.jpg

こんな点棒状況で迎えたオーラス。

自分は対面から羽直か、三倍マンツモでトップ。

下家にまくられることはまずないが、
上家に4000オールを二回ツモられるとまくられる。

鳳南卓においては、二着から一着と、
二着から三着のポイント増減が同じです。
ともに、45ポイント。

つまり、この局面では、
「対面から羽直+三倍マンツモ」と
「上家の4000オール二回」では、
どちらの可能性が高いかということを考えるべきである。

これに関しては、上家の4000オール二回のほうが、
圧倒的に起こりうる確率が高いと思う。

まず三倍マンツモは、ほぼ不可能ですし、
羽直に関しても、リーチをかければ出ないので、
かなり早い巡目にダマでハネマンを作らなければならない。

それに対し、親の4000オール二回ってけっこう起こりそうですよね。

ラス目と900点差ということは、ノーテン終了が出来ないので、
どうせオリれないならと真っ直ぐ攻めてリーチに来るケースが考えられます。
親のリーチに対して自分と対面は確実にオリるので、ツモの可能性は高まります。

したがって、確実に二着になるように打ちます。

c.jpg

ほんの少しだけ、ツモスーも意識してます。
ほんの少しですよ。

d.jpg

下家が西と9ピンをポンしたので、すみやかに差込みにいく。

e.jpg

こんな点棒状況で差込みをすることに抵抗を覚える人も多いのではないかと。
しかし、さきほどの可能性の比較に基づいて考えれば、極々自然な判断だと思っています。


~今日の酷い放銃~

2010080401gm-00a9-0000-5778d9b3tw=0ts=6.jpg

安全圏の二着から雑に4枚目の4ソーを切って、
親の11600に放銃。親だけじゃなく、両脇にも危ないし。

あまりに気の抜けた一打で、軽く死にたくになりました。

スポンサーサイト
別窓 天鳳 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<サイレントリーチ akinari0の天鳳ドンジャラ日記 昨日の敵は>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 akinari0の天鳳ドンジャラ日記 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。