スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
鳴くよウグイス
2010-12-16 Thu 13:37
先日、「赤なし研究会」というものに参加しました。
(参考、【告知】赤なし研究会、はじめます

自分は、競技麻雀で赤なしを定期的に打っているので、
おそらく他の方よりは、赤なしが好きだと思います。

まぁ、好きなだけで精通してるとは限らないのですが。

今回の研究会では、気の利いたことが全く言えなかったですね。
一応、顧問の先生という立場だったのですが、本当にダメでした。

とりあえず、自分はスカイプで普通に話せる環境で生活していないので、
もし今度研究会をするならば、チャットのほうが良いかもしれません。

そんなわけで、今回は赤なしでの実践譜を取り上げてみます。


2010120714gm-00ab-0000-44eed020tw=1ts=0.jpg


東南戦 赤なし 東一局南家

一三(345679)11東東南 ドラ(9)

まず、この配牌から考えることは何でしょうか。
自分の場合、少し無理をしてでもマンガンを作ることを意識します。

赤なしの場合は、マンガンをアガって先制することが、
大きなアドバンテージとなり、ラス確率が大きく下がります。

赤有りに比べて、高打点になる機会が明らかに少ないので。

この配牌からは、
「ホンイツ東ドラ1」
「東ドラ3」
「リーチツモ東ドラ1」
「リーチツモ一通ドラ1」
などの、マンガンが見えます。充分にマンガンの材料がありますね。

手なりで進めて、2000点あたりをアガってしまうのは損だと思います。
配牌からの想像力と構成力が、赤有りに比べて必要になってきます。

ただ、マンガンを狙うといっても、
絶対にマンガンじゃないとダメ、というわけではありません。

例えば、
(23456799)11 ポン 東東東  ドラ(9)
このような手牌になって、1でアガるのは全然良いと思います。

高めでマンガンの可能性があれば、充分です。


2010120714gm-00ab-0000-44eed020tw=1ts=1.jpg


(223456789)南 ポン 東東東  ドラ (9)

東をポンしてピンズが伸びて、このような形になりました。

ここで大事なのは「何を、どのように鳴く」かということです。

ピンズは何を持ってきてもテンパイという良形ですが、
鳴いてテンパイを取ることも強く意識しておかなければいけません。

この手牌からだと、

(1)チー ・・・ 南待ち
(2)ポン ・・・ (369)待ち
(4)を(56)でチー ・・・ 南待ち or (25)待ち
(5)を(34)でチー ・・・ (47)待ち
(7)を(89)でチー ・・・ (258)待ち
(8)を(79)でチー ・・・ (7)待ち

(8)をチーしたときだけ待ちが微妙ですが、
その後の変化もあるので、そこまで悪くないです。
序盤ならば鳴かなくても良いと思います。

上記の鳴き方は、場にピンズが出てから考えるのではなく、
この形になった時点で、全て想定しておかなければいけません。

ネット麻雀だと、「鳴きますか?」という表示が出ますが、
リアル麻雀だと止まってくれないので、特に大事ですね。


2010120714gm-00ab-0000-44eed020tw=1ts=2.jpg


(2234567899) ポン 東東東  ドラ(9)

ドラの(9)を持ってきて、テンパイしました。
待ちは、(2)と(9)のシャボです。

テンパイしたからといって、気を抜いてはいけません。
この手牌は、ここからが本番なのです。

正直、(2)とドラの(9)のシャボは良い待ちではありません。
枚数も少ないですし、片方がドラなので出にくいですね。

なので、この手牌から鳴いて形を良くすることを意識します。

(1)チー ・・・ (369)待ち
(3)チー ・・・ (14)待ち
(4)を(23)でチー ・・・ (369)待ち
(5)を(34)でチー ・・・ (47)待ち
(6)を(78)でチー ・・・ (147)待ち
(7)を(89)でチー ・・・ (258)待ち

アガリ牌である、(2)と(9)以外では、
ほぼ全ての牌を鳴くことによって形がよくなります。
打点もマンガン以上は確定していますね。

ドラを使い切れば跳マンまで狙えますが、
東一局でのマンガンと跳マンの価値は、それほど変わりません。
アガリやすさのほうが、かなり重要です。

自力でピンズを持ってきた場合は、良形に変化させることが出来ても、
鳴いて変化させようという意識を持っている人は、意外に少ないと思います。
特に、既にテンパイしている状態だと鳴きをためらう人が多いですね。

テンパイしたからといって、そこをゴールを思っている人と、
そこから鳴いて良形に変化させようと思っている人では、
長期的な成績に大きな差がつくはずです。鳴きのイメージは、重要です。

特に染め手の場合は、有効なことが多いですね。


2010120714gm-00ab-0000-44eed020tw=1ts=3.jpg


前回の記事でも触れましたが、日本麻雀ブログ大賞2010にエントリーしました。
(参考、日本麻雀ブログ大賞2010

さすがにグランプリを取れるとは思ってませんが、
自分の存在と、日本プロ麻雀協会のことを少しでも知っていただければ幸いです。

あわよくば、天鳳のチケットが当たればいいなと思ってます。



人気ブログランキングへ
↑クリック感謝します。
スポンサーサイト
別窓 天鳳 コメント:2 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<上ってなンボ akinari0の天鳳ドンジャラ日記 まとまるくん>>
この記事のコメント
?????六六みたいな形は門前ではテンパイ前に崩す事が多いけど鳴き手ならとりあえずテンパイ取ってから待ちを変えればいいと結構最近気づきました。
2010-12-17 09:20 | URL | ハム #- 内容変更
文字化け(?)の「???」の部分34445のピンズ書いたら?になっちゃいました。
クソシャボですが周辺チーで盲点になりやすい両面に待ち換えできます。特に3444566からの7チーがお気に入りです。
2010-12-17 22:19 | URL | ハム #- 内容変更
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 akinari0の天鳳ドンジャラ日記 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。