スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
RAZZ MA TAZZ
2012-03-19 Mon 18:21
ポーカーのゲームにRAZZ(ラズ)というものがあります。
日本では全くメジャーではないので、ラズについての日本語の文献がほとんどありません。

というわけで、自分がラズの基本について書いてみたいと思います。
ラズについて特別勉強したわけでもないので、手探りなのはご了承ください。
何か間違っている部分があれば、指摘していただけると幸いです。

ラズについてのルールは、こちらをご覧ください。

今回は最初のベッティングラウンドについて書きます。


まず、カードを三つのグループにわけます。

主力 A、2、3、4、5

中堅 6、7、8、(9)

ゴミ T、J、Q、K

ラズは低いカードほど強いので、A~5が主力になります。
A・2・3・4・5で構成された五枚は最強の手役です。

6~8まではまずまずのカードで、9に()がついてるのは、
中堅とゴミの中間ぐらいだと思ってください。

T~Kまでは基本的にカードが無いのと同じようなものです。


次にオープンカードについて考えます。

最初に配られる3枚のカードのうち、一枚だけがオープンされています。
このオープンされるカードによって、配られたカードが同じだとしても、
参加するかしないかの基準が変わってきます。

例えば、A・K・Kが配られました。
Kが二枚配られてる時点でゴミなのですが、
もしAがオープンカードならば、自分の手の強さを装うこともできます。

相手から見たら、自分の手札がA・2・3なのかA・K・Kなのかわかりません。

ラズにはスティールという行為があり、
自分だけがベットで参加して他の人が降りた場合、場のチップを手に入れられます。
もちろん実際に手が強いにこしたことは無いのですが、
見せかけの強さでチップが取れる可能性を考慮することは、とても重要です。

このスティールについては、後でまた触れます。


最後にポジションについての考え方です。

ラズでは一番弱いオープンカードの人が、まずチップを強制で置きます。
そのあと、右回りの順番にベットするかしないかを決めていきます。

最初に強制でベットした人は、大体QとかKとか弱いカードがオープンなので、
他人のベットに対しては、降りることがほとんどです。
人数にもよりますが、長くなるので省きます。

例えば、8人でラズをやっているとして、
最初に強制でベットする人の次に自分の順番が回ってきたら、
自分の後には実質6人が残っていることになります。

この残っている人数というのは、先ほどのスティールに大きく関わってきます。
スティールは残り人数と残っている人のオープンカードによって、成功率が決まります。

いくつか例をあげてみます。

・自分の後には一人が残っていて、
自分のカードは、2・Q・Kで2がオープンカード。
残っている人のオープンカードはJ。

ここは100%スティールに行く場面です。
2以外のカードは弱いですが、全く関係ありません。


・自分の後には一人が残っていて
自分のカードは、2・Q・Kで2がオープンカード。
残っている人のオープンカードは5。

先ほどと比較して残っている人のオープンカードが強いです。
ですが、ここもスティールに行く場面だと思います。
5がオープンカードのプレイヤーが参加してくる可能性はありますが、
ここでのスティールは期待値がプラスになるプレイです。
100%する必要があるかと言われると微妙なので、バランスが大事です。


・自分の後には一人が残っていて
自分のカードは、A・2・KでKがオープンカード。
残っている人のオープンカードは5。

自分の手札は先ほどより強いのですが、オープンカードがKです。
この場面ではスティール出来ません。というか、すると損です。
基本的にスティールは弱いオープンカードだと意味がありません。
ここでスティールをすると、普通は残っているプレイヤーにレイズされます。
仮に持っているカードが5・K・Kだとしても大体レイズされます。


・自分の後には五人が残っていて
自分のカードは、2・Q・Kで2がオープンカード。
残っている人のオープンカードは、T・Q・J・Q・J。

自分の後ろには五人いますが、ここはスティールできます。
全員のオープンカードが弱いので、ほぼ誰も参加してきません。
100%スティールをする場面です。


・自分の後には五人が残っていて
自分のカードは、2・Q・Kで2がオープンカード。
残っている人のオープンカードは、T・Q・3・J・J。

残っている人の中で、3という強いオープンカードの人がいます。
この場面は二つ目の例とほとんど同じでスティールに行く場面です。
3がオープンカードの人の残りカードが弱ければスティール成功します。


・自分の後には五人が残っていて
自分のカードは、2・Q・Kで2がオープンカード。
残っている人のオープンカードは、5・3・6・4・A。

残っている人が全員オープンカードが強いという局面です。
ここではスティール出来ません。誰かしらが参加してくる可能性が高く、
自分の残りカードが弱いので、スティールが成功しないと期待値がマイナスです。


何個か例をあげてみましたが、簡単にまとめてみます。

「スティールをするときの大事なポイント」
・自分のオープンカードはA~6(相手のカードによっては7とか8でも可)
・自分の残りカードはスティールだけが目的なら気にしなくて良い
・残っている人でオープンカードが強い人が一人だけならば可
・二人以上オープンカードが強い人がいたら、損になる可能性が高い
・ブリングインとアンティの割合がベットに対して高いほど、スティールが重要

ブリングインというのは最初に一人のプレイヤーがする強制ベットのことで、
アンティというのは全員が払う場代のことです。

例えばブリングインが50ポイント、アンティが全員合わせて40ポイントだとします。
自分がベットで参加するときは100ポイント必要な場合、
100ポイントを出して90ポイントを取りにいくので、
スティールの成功率が53%以上ならば期待値がプラスになります。

もし、ベットで参加するときに200ポイントが必要だとしたら、
200ポイントを出して90ポイントを取りにいくことになるので、
成功率が69%以上なければ期待値がプラスになりません。
こんな感じで、ブリングイン+アンティとベットの比率が大事になってきます。


長々とスティールについて書いてみましたが、
ラズにおいてスティールは基本かつ重要な要素だと思ってます。

逆に言うとスティールに関しては、ラズ経験者のほぼ全員が理解しているので、
差がつかない部分かもしれません。出来て当たり前というか、なんというか。

スティールではなく、強い手として参加するときの基準を書きたいのですが、
ちょっと長くなってしまったので、また次回にしたいと思います。

えんどコイチ先生の次回作にご期待下さい。



スポンサーサイト
別窓 その他 コメント:0 トラックバック:1 ∧top | under∨
<<5月のスケジュール☆ akinari0の天鳳ドンジャラ日記 火の鳥 プロ野球編>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
-
管理人の承認後に表示されます…
2012-11-02 01:31
∧top | under∨
 akinari0の天鳳ドンジャラ日記 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。